FC2ブログ

赤ポスの随力筆喜

報恩抄愚釈32

(『一切衆生を悪道に導くこと人師の《あやまり》によれり』)
 例えたら、国の長の立場にある人が、「東」のことを「西だ!」と言ってみたり、「天」のことを「地だ!」と言い張ったなら、万民の方々は「あ!そうなのかな?きっとそうなんだ!」となってしまうようなものです。

(でけへんのにできるって言ったり、間違ってるのに正しいって言ったりして人をたぶらかす…。宗教の世界も政治の世界も、どこの世界もみなおんなじような原理になってますんな(笑)^^)
(ほんまに~アホちゃうか(笑)^^)



   (つづく^^)




スポンサーサイト



  1. 2011/03/01(火) 00:00:00|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

報恩抄愚釈33

 (p299-6行目~)
 (愚釈32のつづき^^)

 この後で位の低い者が出てきて、
「長の位の偉いさんか知りませんけど、あなたが『西だ!』って言ってるのは、実は『東です!』。そして、あなたが『天』だと言ってるのは、実は『地ですよ!』」と正直に言ったとしても、長側の者は全然聞く耳持たずで、意見を採用すること無くて、更に、その長側の取り巻きの者たちは、長の御目がねに叶うために、反論意見を言ってきた今の位の低い者に対して、罵声を浴びせたり攻撃してきたりするでしょう。


(権力者の常套手段は正しい意見を言う人が出てきたら、体制的に結託して、圧力掛けて低い立場の正しい人を侮り、全体的に必ず潰そうとしてきますな。`-´

権力になんか負けてたまるか!!
'o'/)



   (つづく^^)


  1. 2011/03/02(水) 00:00:00|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

報恩抄愚釈34

 (33のつづき^^)

 智ギ(天台大師)は
「人師のあやまり」にて如来の聖教(正しい教え)が順位むちゃくちゃに伝わって流布されてしまっていることに気付かれたが、
『いかんがせん』
さてどのように対処すればいいものか、と思案されながらも、『もだ(黙止)すべきにあらねば』黙って見過ごす訳にはいかない!と思い立った。(お!^^!)

そして、『法雲法師は謗法によって地獄に堕ちぬ!』と罵った!(お!''!)

その時!法雲法師に傾倒している南北の諸師達がブワーーッと蜂の巣をつついたような大騒ぎになり、カラスの大群のように押し駆けてきた。
その諸師達は思い思いに「智ギの頭を破る(考え主張をへし折る)べきか!それとも国から追放すべきか!」と言って騒ぎたてた。
それを時の中国の権力者の陳の主が、聞きつけて、「一体なんの騒ぎじゃ?ただ事ではない騒ぎじゃ!ハッキリさせねばならん!」
(とでもなられたんでしょうか'')
南北の諸師達の数人に伝えて、
『我と列座してきかせ給いき』。



(と、つまり陳主が見守る前で公場対決しなさいってなりましてんな''
えらいことになってきたで!(笑)^^)

(智ギ負けるなよ~!^^
【法華経の未来の為にも】!!!^^/)



   (つづく^^)



  1. 2011/03/03(木) 00:00:00|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人間主義についての考察

 今日は母の誕生日だ。おめでとう。ありがとう。
照れが先立つ為、ストレートに言えるはブログだからかも知れない。…^^;ハズカシ

―――――――

 …えーっと、そうそう、人間主義についてでした(笑)^^

 「法に依って人に依らざれ」
と、
「人間主義」
と。

 一見、一聞、矛盾しているような印象を受けるかもしれませんが、釈迦仏が永遠の生命という「法」を説いても、「そりゃあんたは仏やから永遠の法悟ったゆうても、俺ら凡夫やからそんなもん無理やわ」という末法の時代の人のために、わざわざ、日蓮大聖人は凡夫の姿で「法に依って人に依らざれ」を貫いて、竜の口や佐渡流罪を勝ち越えられ、凡夫の身のままで、仏の境涯を現され、仏の境涯を開いた後も、見た目凡夫の姿のままで人間としての振る舞いを貫かれた。人間主義である。
「法に依って人に依らざれ」と「人間主義」その両方を実証する究極の姿を【人法一箇】として三大秘法の御本尊を表明された。
だから僕たちの立場からすれば、「法に依って人に依らざれ」とは御本尊への素直な信心が「法」に当たり、「人間主義」の振る舞いが「人」に当たり、こちらも【人法一箇】で、なんにも矛盾はなく、常に人間として生き抜いて往けばいいのである。
ありがたい極みである。
\(^o^)/




  1. 2011/03/04(金) 00:00:00|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

報恩抄愚釈35

 (さてさて、智ギが法雲の主張に対してNOを突き付けたため、大騒ぎになり、陳主の前で公場対決することになりました。
はたして…)
 (愚釈34の続き^^)
 (299頁11行目~)


 亡き法雲法師の弟子側の
慧栄(ええい)や
法歳(ほうさい)や
慧(日╋廣)(えこう)や
慧(目╋恒)(えごう)
といった名前の僧正・僧都(位の高い坊さんや都の坊さん)達が100人余り集まって来て列座して、おのおのそれぞれの者達は、【悪口を先とし】(※為にする批判ゆうやつですな^^)
眉をあげ(-"-#)
眼を怒らし(`θ´#)
手を上げ(`ε´#)/
拍子(ひょうし)をたたく(-o-#)∠☆PAN!
(※カンカンに荒れた振る舞いやなぁ^^)

しかし、一方、智ギのほうは、末座に座して、顔色を変えずに、言葉を間違えずに、態度や姿勢を正しく保ち、法雲側の坊さん達のいいがかりや意見に対して、一つ一つ丁寧に、
【牒(ちょう)をとり】
(※牒って辞典で調べたら、文書を書きつけた薄く小さな札ってなってますわ^^
メモ帳みたいな物ですんかな^^)

牒をとり、一つ一つの意見ごとに責め返し対処していった。



(※智ギの丁寧な態度が大人やなぁ(笑)と思いますわ^^)



   (つづく^^)



  1. 2011/03/05(土) 00:00:00|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

報恩抄愚釈36

 『諸僧の言(ことば)を一一に牒(ちょう)をとり言ごとに・せ(責)めかえ(返)す』
(諸僧の言い分一つ一つに対して智ギは丁寧に応戦される。)

 (愚釈35の続き^^)
 (299頁13行目~)

(今度は智ギのほうから)押し返して諸僧を批難して言った。
『そもそも法雲法師の主張では、①華厳②涅槃③法華と立てておられるが、その根拠になる【証文】は 【いずれの経】なんですか?
明確なる【証文】を出してみてください!』
と責めたら、諸僧の者達はそれぞれに、頭をうなだれて、さっきまで虚勢を張ってた勢いも意気消沈して、一言の返事も返せなかった。



   (つづく^^)

(※三証のどれ欠けても正義にはなりませんね^^/)







  1. 2011/03/06(日) 00:00:00|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

報恩抄愚釈37

 (愚釈36の続き^^)

 (智ギ(天台)は更に続けて)重ねて責めて言いました。
『(仏は)無量義経に正(まさ)しく次のように説かれています!
「方等十ニ部経・摩可般若・華厳海空」等うんぬんと!
仏はハッキリと「我れ(これらの権大乗経の経々を説いている時点の自分自身)」と「華厳経」の名前をも呼び上げて、無量義経に対して【未顕真実】と打ち消しているではないか!
これは、ハッキリと(この後説かれる)【法華経】よりも劣っているとの証拠になる【証文】ではないか!
無量義経に華厳経は責められているという厳然たる経文をどのように心得て華厳が第一などと仰っておられるのですか!
それぞれ諸僧の方々は(今は亡き)法雲法師の弟子味方であるならば、
まずは、この経文を破折して、この経文よりも勝れている経文を取り出して、法雲法師の主張を助けてあげられるのであれば助けてあげてやってください!(それでこそ弟子なんじゃないんでしょうか!)』



   (つづく^^)




  1. 2011/03/08(火) 00:00:00|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

報恩抄愚釈38

(智ギからの責めの発言は続きます)
 (愚釈37の続き^^)
 (300頁2行目~)

『また、(法雲が主張するところの)
涅槃経は法華経よりも勝れているとの仰せは、いかなる【経文】にあるというのですか!
涅槃経の第14には、華厳・阿含・方等・般若をあげて、
それらの経々と涅槃経との勝劣は説かれているけれども、
ここにはまったく、【法華経と涅槃経】との勝劣は説かれていません。
しかし!''
次に上げる(涅槃経)第9の巻には【法華経と涅槃経】との勝劣が分明に(詳しくハッキリと)説かれています!''
(この涅槃経第9の)【経文】にいわく、
「是の経の出世は乃至法華の中の八千の声聞・記ベツ(タケカンムリ╋別)を受くることを得て大菓実を成ずるが如き秋収冬蔵して更に所作無きが如し」等うんぬんとあります。
この【経文】は明らかに、(華厳・阿含・方等・般若)の諸経を(菓実の季節の秋に向かう)春夏と(喩えて)説かれていて、
【涅槃経と法華経】を
【菓実の位】
と説かれているけれども、
【法華経】のことを秋に収穫し冬に貯蔵する
【大菓実の位】であると説き、
【涅槃経】のことを秋の終末・冬の始まりの
【※クン(テヘン╋君)拾の位】
(※クンジュウとはおこぼれを拾い取るとの意。)
「所作無きが如し」なので、する事がもう無いようなものだ。との位だと定めておられます!
この経文は正(まさ)しく、【法華経に対して我が身(涅槃経自身)が劣っていることを認めて伏しているとの証拠になる証文であります!】

また【法華経】の経文のほうには、
【已説(すでにとき)・今説(いまとき)・当説(まさにとかん)】
と申されて、この法華経は、前(華厳・阿含・方等・般若)と並びとの経々(無量義経)に勝れているだけではなくて、更には後に説かれる経々(涅槃経)にも勝れている!と【仏自身が定めておられることなんです!】''



   (つづく^^)




  1. 2011/03/09(水) 00:00:00|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

報恩抄愚釈39

 (「法華経は前と並との経経に勝れたるのみならず後に説かん経経にも勝るべしと仏定め給う」)

 (愚釈38の続き^^)
 (300頁8行目~)
(智ギの発言が続きます^^)

 すでに教主釈尊はこのように決定されておられ、疑うことは何も無いはずなのに、釈尊の滅後(の民衆はちゃんとこの通りに信じて実践してくれるのだろうか)と心配なさって、東方の宝浄世界の【多宝仏を証人】に立てられたら、多宝仏は【大地より躍り出でて】
『妙法華経・皆是真実!』
と証明され、十方の(あらゆる全宇宙の)諸々の【分身仏】達も(更に証明を後押しするように)重ねて集まって来られ、※広長舌(コウチョウゼツ)(※仏の32相の1つ。広いは空間。長いは時間。舌を出すのは言うことが真実であるとの証明が当時のインドの習慣であった。とのことです^^)

を大梵天に付け、また教主釈尊も付けられる。(これでもかというくらいの厳重なる真実との証明です(笑)全宇宙の仏の同意の約束です^^)




(仏先生が赤ペンで『ここ超重要!』って丸やら線やらいっぱい印付けてるみたいな(爆)^^/
ここまでやっても白法隠没ってあーた(笑)
末法はよっぽどタチ悪いのを全宇宙の仏達は見抜いておられましてんな(笑)^^;
………………
ます(笑)^^
『ザ・確信!』でいきます''/)


  1. 2011/03/11(金) 00:00:00|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地震

【大悪をこ(起)れば大善きたる】
 (1300㌻)
の信心で必ず乗り越えられる事を
お祈り申し上げます
被災者の方々には心よりお見舞い申し上げます
  1. 2011/03/12(土) 00:00:00|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歌う人

 久しぶりにマライアキャリーのヒーローって曲を聴く。

いい歌詞。
いい曲。
いい歌声。

♪That a hero
lies in you~

(ヒーローはみんな一人一人の中にいるのよ)

って歌ってます。


心の財第一で
応援題目送れるだけ送ってまいります
('人')
人間本来力よ湧きたまえ!





  1. 2011/03/19(土) 00:00:00|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金剛不壊

 妙法蓮華経の五字なり、
此の五字を以て人身の体を造るなり
本有常住なり
本覚の如来なり
是を十如是と云う
此を唯仏与仏・乃能究尽と云う、
不退の菩薩と極果の二乗と少分も知らざる法門なり
然るを円頓の凡夫は初心より之を知る
故に即身成仏するなり
【金剛不壊】の体なり、
是を以て明かに知んぬ可し
天崩れば我が身も崩る可し
地裂けば我が身も裂く可し
地水火風滅亡せば我が身も滅亡すべし、
然るに此の五大種は
過去・現在・未来の三世は替るといえども
五大種は替ること無し、
正法と像法と末法との三時殊なりといえども
五大種は是れ一にして盛衰転変無し
   (568頁)



(大変痛く辛く厳しき日々ですが金剛不壊を確信して共々に希望を繋いでまいりましょう)





  1. 2011/03/20(日) 00:00:00|
  2. 御書学習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0