FC2ブログ

赤ポスの随力筆喜

報恩抄愚釈64

(愚釈続き^^)
(303頁9行目~)

 (この事態に桓武)天皇は驚いて、
(゚д゚;)
『委細に御たづねありて』
事態を把握するために、くわしく事情を訊かれて、
『重ねて勅宣を下して十四人をせめ給いしかば』
(桓武天皇は)重ねてご命令を下して14人側を責められた。

(''「最澄の主義主張に誰も言い返せないというこの現実は一体どういうことなんだ!」とでも激怒されましたんかなぁ(笑)'')

そしたら、
『承伏の謝表を奉りたり』
(7箇寺の六宗14人側は「参りました」m(_ _)mと自分たちが邪見であったことを認め、負けを認める謝罪文を書きましてんな!)
(…凄いっていうか、素直っていうか、この当時は法論のルールがしっかり守られてる時代でしてんな
'')



   (つづく^^)




   
スポンサーサイト



  1. 2011/05/29(日) 00:00:01|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<報恩抄愚釈65 | ホーム | 報恩抄愚釈63>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://redpos.blog31.fc2.com/tb.php/239-1be46155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)