FC2ブログ

赤ポスの随力筆喜

愚釈72エピソード1

 報恩抄本編から話逸(そ)れたら、誠に勿体無い限りで恐縮なことですが、あまりにも腹立つことなんで、エピソード1(笑)っていうか番外編の余談で、あの善無畏(ぜんむい)のアホの悪巧(わるだく)みを書いておきます。
(`ヘ´)

まるで、時代劇に出てくる悪代官と越後屋の会話で『お主も悪よのう(--)いえいえお互い様で(--)ヒヒヒッ(小判チャリ~ン)』みたいな発端から、それは始まりました。

大聖人は【撰時抄】の275頁~276頁に真言宗のことを、
『大僻見(だいびゃくけん)なり
あらあら此れを申すべし』
と詳しく経緯(いきさつ)を述べておられます。



   (続く^^)



スポンサーサイト



  1. 2011/06/07(火) 00:00:00|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<愚釈73エピソード1 | ホーム | 報恩抄愚釈71>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://redpos.blog31.fc2.com/tb.php/249-5bb591fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)